ダイエット外来

肥満は良くないことは誰もがわかっています。
肥満は将来的に糖尿病、高脂血症、心筋梗塞や脳梗塞の原因ともなります。
もちろん、美容的にも良くありません。
脂肪融解や脂肪吸引などダイエットの美容的な治療法はいくつかありますが、私たちは内側からもきれいにしていくことが一番大切だと考えています。
医師によるアドバイスをもとに内側からダイエットしていきましょう。
ダイエット治療には内服薬、点滴、ドクターズ・サプリメントがあり、それらを組み合わせる
ことでより効果をあげることが出来ます。

ダイエット外来メニュー

ダイエット内服薬

漢方薬 防風通聖散・・・脂肪太りタイプの方に
防已黄耆湯・・・水太りタイプの方に

ゼニカル(脂肪吸収抑制剤)

脂肪吸収抑制剤:摂取した脂肪分の吸収を妨げます。1回1カプセルを脂分を多く取ったときに内服してください。

  • 1カプセル:650円(税別)
  • 7カプセル:4,300円(税別)
  • 14カプセル:8,300円(税別)

サノレックス(食欲減退薬)

  • 14カプセル:7,200円(税別)

ダイエット点滴(自由診療)

ダイエット点滴はこんなあなたにお勧めします。

  • ・メタボリックを改善したいあなた
  • ・肥満が気になるあなた
  • ・太りやすくなったと感じるあなた
  • ・ぽっこりお腹が気になるあなた

ダイエットをしたことのあるあなた。こんな経験はありませんか?

  • 食餌制限や運動は大切なのはわかっているけど長続きしない。
  • ドラッグストアですすめられたダイエット用のサプリを試してみたけど、今ひとつ効果がでない。
  • サプリはいっぱいあるけど、どのサプリが効くの?そもそも効果はあるの?。

そんなあなたにダイエット点滴をお勧めします。
ダイエットには脂肪の運搬役であるL-カルニチンというアミノ酸が大切な役割をしています。加齢とともにL-カルニチンが体から少なくなってくるとやせにくい体になります。

L-カルニチンは肉類、特に羊肉に多く含まれており、ダイエットには1 日 250mg以上の摂取が推奨されます。 この量を豚肉から取ろうとすると、なんと1.7kgの摂取が必要です。
ダイエット点滴はこの L-カルニチンとデトックス効果のあるαリポ酸を基本とした点滴です。

※点滴回数の目安は1週間に1回です。
※所要時間は30分程度です。

ダイエット点滴

Lーカルニチン1,000mgとαリポ酸を含有した点滴です。運動時の脂肪燃焼を促進する作用があります。
注) これまでの300mg含有の点滴より効果を出すため、1000mgにカルニチンの量を増やしました。

  • 1回:7,000円(税別)

ダイエット補助サプリメント

あなたのダイエットサプリは効果を実感していますか?
サプリを正しく理解して飲んでいますか?
内容量は十分ですか?
そんなあなたのために当院ではダイエットのためのドクターズ・サプリメントを処方しています。
お医者さんと相談して、正しくサプリメントを取りましょう。

L-カルニチン(おだやかオリジナル)

  • 60カプセル(1回2カプセル 1日1回 30日分):3,300円(税別)

あなたが摂取した脂肪は、遊離脂肪酸の状態でL-カルニチンによって運ばれてエネルギーに変換されます。
L-カルニチンは、いわば脂肪酸の運搬役です。
そのため体脂肪を効率よく代謝するためには不可欠な成分です。
ダイエットのためには1日あたり250-500mg摂取することをお勧めしています。

コエンザイムQ10・サプリメント(50mg/1錠)

  • 660カプセル(1回2カプセル 1日1回 30日分):5,900円(税別)

L-カルニチンが脂肪酸の運搬役を担っているのに対して、コエンザイムQ10は脂肪酸を燃焼するのに必要な酵素です。

効率の良いダイエットのためにはL-カルニチンと同時にコエンザイムQ10の摂取を併用することをお勧めします。また、コエンザイムQ10は高い抗酸化作用(体のさびつき予防)をもっているため、老化防止にも効果があります。

また、コエンザイムQ10は高い抗酸化作用(体のさびつき予防)をもっているため、老化防止にも効果があります。

3F(スリーエフ)食欲抑制剤(舌下スプレー)

イタリアで開発された新しい食欲抑制薬です。
食欲に影響を与えるセロトニンの生成をセロトニンの生成を促し、偽性の空腹信号や持続する食欲を解消する身体能力をサポートします。
2009年11月の “International Journal of Obesity”で、3Fの効果は学術的に証明されています。

3F の働きは…

  • 脳に働き満腹感をもたらす
  • 食物摂取コントロール作用として食欲を低下させる
  • ダイエットとの併用で減量効果を高める
  • 自然な満腹感や満足感を与える
  • 過度の空腹感や食欲を解消させる

3F(スリーエフ)はどのように機能するのか

3F 舌下スプレーは神経伝達物質であるセロトニンを生成するのに必要な栄養素であるHydroxytonin Complex™(ヒドロキシトニン コンプレックス)と呼ばれる特許取得の植物マイクロブレンド成分(L-5-ヒドロキシトリプト ファンが主成分)を含有しています。高レベルのセロトニンはストレスや感情によって引き起こされる偽性の空腹感や食欲をコントロールする脳の空腹中枢に機能し、食欲を抑制します。

3F(スリーエフ)の臨床研究

2009年11月の “International Journal of Obesity” に1日に5回(1回3プッシュ)舌下に使用する減量プログラムに参加した3F 使用被験者のプラセボ対照二重盲検試験の 結果が発表されました。下図の通り、3F 使用群はおよそ5日目には空腹感の抑制が現れ始め、その後まもなく、プラセボ群に比し有意に満腹感を覚えるようになりました。また、副作用も一切見られませんでした。

*イタリア、パビア大学サンタ・マルゲリータ研究所内分泌学・栄養学センターロンダネッリ教授らの臨床試験

3F(スリーエフ)舌下スプレー3プッシュで空腹感をコントロールできる

前述の通り、3F は身体と脳に作用し、セロトニンを増加させ、空腹感を抑えるように処方された独自の特許ブレンドです。1日に5回舌下にスプレー(1回3プッシュ)するだけで、心地よい満腹感の中、ダイエットを継続し、脱落を阻止するのに役立ちます。思いのほか、早期に減量目標を達成することができるでしょう。

3F(スリーエフ)は数分で効果が現れる

脳の深部に食欲中枢があります。食欲中枢には感情、空腹感、食欲に大きな影響を与える神経伝達物質のセロトニンが存在します。当然のことながら、セロトニンの生成には栄養素の摂取が必要です。3Fはセロトニンの生成を促し、偽性の空腹信号や持続する食欲を解消する身体能力をサポートします。
3F は舌下の小血管から血流に入り、即座に過労、ストレス、感情により引き起こされる偽性の空腹信号をコントロールするために栄養素を体内に供給し、わずか数分で機能します。
空腹感にコントロールされるのではなく、空腹感をコントロールしている状態を想像してみて下さい。過度の空腹感や持続的な食欲が解消された生活を想像してみて下さい。それは3Fにより実現できるはずです。

3F(スリーエフ)FAQ(よくある質問)

Q. 3F はダイエットに有効ですか?
A. はい。3F はダイエット中に現れる過度の空腹感を低下させるように身体と脳に働きかけます。いかなるダイエットプログラムでも3F は満足感を与えてくれます。故に ダイエットプログラムから脱落することなく、減量目標を達成することができます。
Q. 3F が安全で効果的であることがどうしてわかるのですか?
A. 2009年11月の “International Journal of Obesity” に発表された臨床試験により、減量プログラムを実施したボランティアは、わずか5日間で空腹感が低下し始め、さらに8週間の研究調査を通して有意な満腹感を感じていたことが証明されました。
Q. 3F の使用方法は?
A. 簡単です。1日5回、口内(望ましくは舌下)に3プッシュするだけで、偽性の空腹信号をコントロールすることができます。
Q. 3F を使用し始めてからどのくらいの期間で効果がでますか?
A. ほとんどの使用者が5日間で過度の空腹感や食欲の低下を覚え、満腹感が増大します。
Q. 3F の使用中、運動をしても良いですか?
A. はい。
Q. 減量目標を達成した後も3F を使用しても良いですか?
A. はい。過度の空腹感を抑制し、減量の維持ができるように3F を継続して使用することをお勧めします。
Q. 3F はどのくらいの頻度で使用したら良いですか?
A. 3F は毎日使用できます。最良の結果を得るためには1日5回、口内(望ましくは舌下)に3プッシュして下さい。
Q. 3F の味は?
A. 3F は口の中を爽快にするすっきりとした柑橘系の味です。
Q. 3F は数キログラムの減量(少量の減量)にも使用できますか?
A. はい。3F は手ごわい数キログラムの減量や目標達成後の体重維持にも有用です。
Q. 3F は1日に3回の食事を摂らない場合、どのように使用したら良いでしょうか?また、使用に際しては食前食後のどちらが良いでしょうか?
A. 3F は過度の空腹感を低下させるように考案されています。1日に3回の食事を摂らない場合でも1日を通して使用できます。用法に従い、できる限り食前に1日5回3プッシュすることをお勧めします。
Q. 3F の使用による食欲の変化はいつ頃から気づきますか?
A. 減量プログラムを実施した女性ボランティアによるプラセボ対照二重盲検無作為試験の結果、3F 使用群は約5日間で空腹感が抑制され始めたと発表されています。
Q. 3F には常習性(依存性)がありますか?
A. いいえ。
Q. 3F は薬剤や抗生物質と併用しても安全ですか?
A. 3F の成分は安全な天然由来の成分です。これまで他の薬剤成分との相互作用に関しては報告されていません。但し、摂取に際しては主治医の指示に従って下さい。
Q. 3F にカフェインなどの刺激物が含まれていますか?
A. 3F にはカロリー制限ダイエットの際に生じる急激な空腹感のコントロールに有効なガラナエキスが含まれています。ガラナは熱帯アマゾン地域に生えるベリーの一種で天然のカフェインを含んでいます。3F の用法用量を遵守すれば1日当たり0.11mg(1mgの⅛未満)を摂取することになります。一杯のエスプレッソコーヒー(カフェイン量80mg)や12オンス缶のコーラ(カフェイン量34mg)と比較すると、3F から1日に摂取するカフェイン量はごくわずかです。
Q. 3F は男性でも使用できますか?
A. プラセボ対照二重盲検無作為試験は女性のみで実施されました。しかしながら、多くの男性が3F を使用し、大きな成果を得ています。また、これまで副作用も報告されていません。
Q. 3F の使用を忘れてしまったらどうなりますか?
A. 人により様々な影響を感じるようです。忘れたことを思い出したらすぐに使用して下さい。但し、1日の用量を上回らないように注意して下さい。
Q. 3F はいかなるダイエットにも効果がありますか?
A. はい。3F はダイエット中にしばしば起こる過度の空腹感を低下させるように体と脳に作用します。いかなるダイエットプログラムであっても3F により早期に満腹感を覚えるようになり、ダイエット計画の継続や減量目標の達成に向けてのコントロールが可能となります。
Q. 3F に含まれるアルコールの由来およびその割合はどのくらいですか?
A. 3F の含有成分中に存在する天然のアルコールであり、1本のボトルに含まれる量は微量です。従って、用法用量を遵守すれば日々のアルコール成分としての摂取量はごくわずかです。
Q. 3F に含まれる糖分は天然のものですか、それとも人工のものですか?
A. 3F には合成や人工の原料は含まれていません。糖分は天然のフルクトース(果糖)です。
Q. 3F に5-HTP(5-ヒドロキシトリプトファン)は含まれていますか?
A. 3F の主成分のひとつであるグリフォニア・シンプリフォリア(植物の一種)にセロトニンの前駆物質である天然のL-5-ヒドロキシトリプトファンが含まれています。
Q. 5-HTPは抗うつ剤の働きを阻害しますか?
A. これまで薬物相互作用は報告されていませんが、3F の摂取に際しては主治医の指示に従って下さい。
Q. 糖尿病患者は3F を使用できますか?
A. 3F の1回使用中の糖分(フルクトース)は1g未満です。但し、摂取に際しては主治医の指示に従って下さい。
Q. 3F に亜硫酸塩(酸化防止剤)は含まれていますか?
A. いいえ、含まれていません。
Q. 妊娠中や授乳期に3F を使用できますか?
A. 3F は安全性の高い製品です。但し、摂取に際しては主治医の指示に従って下さい。

自由診療一覧